【NGS準備】★14『アトラ』シリーズがオススメ?OPレシピあり

4月7日から始まっている報酬期間にて、NGSに持ち込むための武器を★14『アトラ』シリーズで作ったのでご紹介します!NGSに持ち込む★13〜14装備(NGSでは★3)として、個人的にはアトラはベストな選択だと思っているのですが、デメリットもあり人を選ぶのでシッカリ準備したい人向けの武器かもしれません。故に記事タイトルも疑問系(笑)。

今回は、アトラをNGS持込装備にするメリットデメリットを解説しつつ、実際につけたOPのレシピもご紹介したいと思います!

【注意】この記事で紹介している内容はCβT時の情報を元に書いており、正式サービス開始時には変更させている可能性もあるので、ご注意ください。

もくじ

今回作ったアトラ

今回作ったのは、こちらのアトラ3つ。打射法で揃えてるのは特に意味はなく何となくそうしたかったから(笑)。NGSに持ち込んだ装備のOPは、打射法関係なく全て『威力+1.0%』みたいな形に変わるので何でも大丈夫です。

さて、このアトラなのですが、★14なのでNGSに持ち込むと★3武器となります。まずはレアリティと装備条件ついて確認。

PSO2側NGS側装備条件
★1〜6★1Lv1
★7〜12★2Lv5
★13〜14★3Lv10
★15★4Lv15

★14であるアトラは、NGSにおいてはLv10で装備できる武器となります。★15はLv15まで装備できないので、アトラはそれまでの繋ぎとして使うことになりますね!Lv10〜15はレベルも上がり難くなり、エネミーも強くなってくるのでシッカリ作ったら活躍してくれる武器になると思います!

★14アトラのメリット・デメリット

では早速、アトラを選択するメリットとデメリットを見ていきます。まずはメリットから!

メリット

  • カテゴリー変更ができる
  • S1〜S4までの多くのSOPが使える

上記のメリットがアトラの特徴なのですが、実はこれ★14以下では唯一なんですよね。★15武器では『S4』使えたり、カテゴリー変更できる武器がいくつかありますが、★14以下ではアトラのみです!

S4が使えるメリットは『S4:累加追撃』が付けられることにあるのですが、NGSに持ち込むと以下のOPに変換されます。

  • レガロ・Sアベンダ
    • PA/テクニック命中後5.0秒間与えたダメージの50%を次のPA/テクニックのダメージに追加。

PSO2側と似た効果になっており、恐らくリキャストなどはあると思いますが効果を見る限り強そう!また、今の現環境では『ウェポンズバッヂ2021』で交換することもできるので、コスパ的にも優秀なSOPとなっています。

2021バッヂは『ゆりかご』や『いざない』に行けばボロボロ落ちますし、PSO2が終盤になるにつれて益々アイテムが入手しやすくなりますね〜。

上記のようにS4累加が付けられる利点があるのですが、個人的にはカテゴリー変更できるのが1番の強みだと思っています。カテゴリー変更するためにクラフト素材の『ゴード系』『サファード』などが必要にはなるのですが、NGSで使える武器カテゴリーの数を用意しなくても使いまわせるので便利です!


さて、ここまでメリットについて触れてきましたがデメリットも見ていきましょう。

デメリット

  • 貴重なクロノスを★14で使うことになる
  • 潜在能力の情報がない

デメリットの1つとして、貴重な素材である『クロノス』を★14武器として使う必要があることだと思います。クロノスで作った武器は★15『イクス』シリーズまでアップグレードすることができるので、それを敢えて★14アトラで運用するのは、ちょっと勿体無い感じもしますよね。

また、現時点での情報ではアトラをNGSに持ち込んだ際に、潜在能力がどう変換されるのか明らかになっていないのはちょっとした不安要素でもあります。ただし「恐らくこれになるんじゃないかな?」という目星はついています。

  • 攻の基本型Ⅲ
    • 威力+23%
    • PP消費軽減+10%

実は現時点で判明している他の★14や★13武器は、一部を除きほとんどの場合これに変換されるようです。アトラの潜在は元々『威力が10%上昇する』だけというシンプルな潜在なので、これになる可能性が高そう(あくまで可能性)

また、判明しているNGS仕様に変換される潜在はどれも威力+20%以上になっているので、威力面に関してはそれほど心配しなくても良いかな思います。

余談ですが、アトラの潜在名は『千年の輝き』。千年後のNGSでもきっと輝いてくれる…!

OPレシピ

ここからはOPレシピをご紹介!上の画像は最終合成の図です。

今回作ったアトラの構成は、因子だけで100%完封できる威力重視のお手軽構成となります。まずはこれがNGSに持ち込んだ際の効果を確認!

PSO2側NGS変換後
S1:錬成の志レガロ・Sアタック
・威力+2.0%
S2:災転輝与レガロ・Sエフィシェト
・威力+1.0%
・PP消費軽減+5.0%
S3:災転輝与レガロ・Sエフィシェト
・威力+1.0%
・PP消費軽減+5.0%
S4:累加追撃レガロ・Sアベンダ
・PA/テクニック命中後5.0秒間与えたダメージの50%を次のPA/テクニックのダメージに追加。
エーテル・ファクターレガロ・ファクタルスⅡ
・HP+1、PP+2
・威力+1.0%
・威力下限補正+1.0%
・ダメージ耐性+1.0%
パワーⅥレガロ・アタックⅢ
・威力+1.0%
フレイズ・ディケイレガロ・フレイザ
・PP+3.0
・威力+1.0%
グレース・パワーレガロ・アタックヴァズⅢ
・HP+1、PP+2
・威力+1.0%
・威力下限補正+1.0%

CβTでの情報になりますが、S1〜S4が使える武器においては1番威力が出る構成になる見込みです。ただし正式サービスで変わる可能性もあるので、その点だけはご留意ください。。。

また通常OP枠が4つとなっており、以下の武器で作る場合も同じなので良かったら参考にしてみてくださいね!

同じレシピで作れる武器
  • ★15『アジェル』シリーズ
  • ★15『スティル』シリーズ
  • ★15『イクス』シリーズ

本体

本体はSOPを4つ付けて8スロに拡張します。成功率が上がるので拡張する際にはSOPを必ず先につけましょう!SOPは後から入れ替えも可能なので、とりあえず何でも良いから付けとくのでも大丈夫です。

素材1(リンザー因子)

『エーテル・ファクター』の因子としてリンザーを使います。入手は『ウェポンズバッヂ2021交換ショップ』で交換できます。バッヂが沢山手に入りやすいこともあり、エテファクはレガロになっても強いので贅沢にリンザーを採用してみました!

STEP
バッヂ交換ショップで交換

+35にする必要があるので6個交換。必要バッヂ数は1,800個になります。

STEP
強化しスロット拡張

交換したら+35まで強化し、8sまで拡張

これで素材1は完成です!

素材2(ディム因子)

『ステⅥ』の因子としてディムを使います。直ドロした8sが倉庫にあればそれでOKですし、なければマイショップで購入がオススメです。9鯖では、約60万メセタで売っていました。

STEP
マイショップで購入

マイショップで8sでディム武器を検索し購入します。ディムは武器カテゴリーが打射法ごとに『パワーⅥ』『シュートⅥ』『テクニックⅥ』と因子が分かれているので、付けたいカテゴリーを選択。ちなみに、ガンスラッシュは打撃武器ですが因子はシュートなので注意!

STEP
強化する

こちらも+35に強化します。スロット数は元から8sなので楽ですね!

これで素材2も完成です!

素材3(バジリス因子)

『フレイズ・ディケイ』の因子にはバジリスです。これもディムと同じで、手持ちがなければマイショップで購入します。

STEP
マイショップで購入

これも8sで検索して購入しましょう。ディムとは違ってどのカテゴリーでも大丈夫です!

STEP
強化する

同様に因子で使えるように+35まで強化します。

これで素材3も完成!

ブースト系

ブースト系については、エレガント系かノーブル系がコスパ良いのでオススメです。僕は手持ちが余っていたのでグレース系を使いましたが、グレースとエレガント以下で比べた場合HP1の違いしかないです。グランドはグレースと変わらないので論外ですね(笑)。

9鯖で相場を見てみると、なぜがノーブルのが高かったりする現象も起きているので、買うならどっちが安いか調べてから選ぶと良いと思います!

SOPについて

今回付けたSOP
  • S1:錬成の志
  • S2:災転輝与
  • S3:災転輝与
  • S4:累加追撃

SOPに関しては、正式サービス開始時に変わらなければ上記の構成が1番強い構成になる見込みです。ただ、『S1錬成』や『S3災転』はちょっとお高いので、もっとコストを抑えたい場合は以下の構成も良いと思います。

PSO2側NGS変換後
S1:〇〇増幅
(打撃、射撃、法撃)
レガロ・Sアタック
・威力+1.0%
S2:災転輝与レガロ・Sエフィシェト
・威力+1.0%
・PP消費軽減+5.0%
S3:剛撃の志レガロ・Sアタック
・威力+1.0%
S4:累加追撃レガロ・Sアベンダ
・PA/テクニック命中後5.0秒間与えたダメージの50%を次のPA/テクニックのダメージに追加。

S1増幅系は『光跡シオン』『ダスク』シリーズの因子で付けられるのでオススメ。因子で付けるならズィレンハイト-NTの『S1:依属の志』でもOK。適当にカプセルで付けるなら『S1:妙撃の志』がとかが安いですね!どれを付けてもNGSでは『レガロ・SアタックⅠ』になります。

ちなみに、S2災転は★14『シノノメ』シリーズの因子となっています。

最後に裏話

以上、★14アトラシリーズをNGS持ち込み用にチョイスする場合のメリット、デメリット、そして今回作ったOPレシピの紹介でした。参考になれば幸いです〜。

正直いうと、NGSに持ち込む装備は序盤の繋ぎで使う形になると思うので、ここまでシッカリ作って準備する必要があるのか?という話もあると思います。★13〜14武器を持ち込むならディムでも、お手軽に作れて十分強いと思うので。ただ、僕はカテゴリー変更して便利に使いたいのでアトラにしました!

そのために実はイクスを分解してクロノスに戻したんですよ。。。

3つバラした後で氣付いたのですが、既に一個石の状態でクロノス持ってました。つまり1つ無駄にバラしたことに。。。まぁ後の祭りですね(笑)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

もくじ
閉じる